情報交換

関西でプロボノ募集!あなたのスキルを必要としているNPOがあるかも。

僕はプロボノという活動をやっているんですが、サービスグラントが関西エリア(説明会は大阪)でプロボノをしたい人を募集しています。でも、プロボノって聞いても、知らない人が多いでしょうね。

プロボノは知的労働のボランティアです。


ウェブサイト構築やチラシ制作をボランティアでやるんです。
なんで休みの日にタダで仕事せんとあかんねん、と思うかもしれません。

僕がプロボノを始めたのは、2009年にカンボジアに旅行に行って、現地の生活を目の当たりにしたのがキッカケです。カンボジアから帰ってきて、社会起業家に関する本を読みあさりました。

僕はプロジェクトマネージャーですが、よく社会起業家の事例として取り上げられる

  • フローレンス
  • TABLE FOR TWO
  • ルーム・トゥ・リード - Room to Read

なんかはビジネスモデルとしても面白い。
最初は上の団体の本を読んで、社会起業家に興味を持ったんです。

マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方

フェアトレードの現状を知るために、マザーハウスの本を読んだり、ネパリ・バザーロの人の話を聞きに行ったりもしました。

裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)

そしたら、すごい面白いんです。

でも、

僕は自己犠牲の上に成り立つボランティアには興味がないです。意義ある活動を経済活動にしたいだけ。


そういう意味で、ボランティアではなく、社会起業家に興味を持ったんです。

本を読んだ後は、いろんなイベントに片っ端から出没しました。でも、ほぼすべての団体から、自己満足、葛藤、自己犠牲を感じた。僕はコミットできない「ボランティア」でした。

そんな中で、サービスグラントを知って、プロボノの存在を知った。完全なボランティアだけど、どんな人たちがどんなレベルの仕事をするのか、実態を見てみたいと思った。

普段やってるスキルを何かに活かしたいと思っていた時だったんです。

すぐにスキル登録をした。プロジェクトがスタートしたのは半年後でした。

やってみていろいろなことを感じています。

もちろん、いいことばかりじゃない。(これ重要。笑)

でも、これはやってみないと分からない。
「働く」ということが変わってきている。
特に若い人の労働に対するスタンスが変わってきているように感じます。

プロボノでは、即席で集められた5人ぐらいのグループで仕事を進めるんです。

全員が、経験もバックグランドもスタンスも違う。


そんなメンバーが試行錯誤します。

僕はまさに今、そのプロボノのプロジェクトマネージャーをやってます。
小さいプロジェクトなのに、はじまってもう半年以上も経つ。
なのに、終わらない・・・。

会社の仕事とは違う、難しさ、悩み、楽しさがあります。


休みに時間をとられてしまうけど、ちょっとでも興味ある人は説明会だけでも参加してみてはいかがですか?

「スキルがないんですけど・・・」という声をよくを聞きますが、そんなの縁です。タイミングです。僕のプロジェクトにはウェブサイト構築が初めての人事担当者もいます。

関西でプロボノ説明会

サービスグラントが、今年4月から関西エリアで立ちあがる新規PJの参加者を募集しています。
説明会は2月24日(木)19:00~、26日(土)10:30~です。
場所は、大阪市ボランティア情報センター。

興味ある人は、ぜひぜひ!

サービスグラント、<関西エリア>でプロジェクト

サービスグラント、<関西エリア>でプロジェクトが始まります!

東京では随時説明会やってますよ!


コメントする

プロボノとは?
弁護士など法律に携わる職業の人々が無報酬で行う、ボランティアの法律家活動。 法律家から広がって、最近ではビジネスパーソンや専門家がスキルを生かして社会貢献することと定義されている。
このブログについて
労働問題・セクハラ問題に取り組むNPO団体(じょむ)をサポートするプロボノプロジェクトの PMブログ サポートハウスじょむ
写真
  • プロボノ打ち上げパート2
  • world food restaurant 渋谷
  • プロボノ打ち上げ
  • メインビジュアル案
  • デザインワイヤー
  • サポートハウスじょむ デザインラフ
  • サポートハウスじょむ デザイン案2
  • サポートハウスじょむ デザイン案1
  • サポートハウスじょむのサイト
RSS購読
  • feedburner