情報交換

DVやレイプ問題、NPOの運営実態、そして大薮順子さんのことを友達に教えてもらう。

NPOの実態を聞くために、友達と渋谷で会った。彼はSEで、前の会社の仲間だ。

彼は、DV被害者を支援するNPO団体のサポートを行ってきた経験があり、女性問題やNPO団体について詳しい。今日は彼の体験談を聞くために時間を取ってもらった。

このとき知ったのだが、DVシェルターの団体のサポートだけでなく、IT知識を生かして他の活動支援も彼はしていた。大薮順子さんのウェブサイト構築や運用、それから、レイプ被害者のTシャツプロジェクトのサイト構築だ。構築メンバーを聞くと知った名前が出てきて、世間に狭さを知った。おもしろい。

彼が運用しているサイトはこちら

Nobuko Oyabu Photojournalist

Nobuko Oyabu Photojournalist

大薮順子さん

大薮順子さんはフォトグラファーで、アメリカでレイプ被害にあったことを公にして、啓蒙活動を行っている。写真が好きな彼は大薮順子さんの写真展で、彼女の写真に感動して、ウェブサイトのお手伝いをするようになったそうだ。一緒に働いていたときは、ぜんぜん知らなかった。

彼の活動は、僕がこれから取り組むことと共通点があるので、僕の疑問をそのままぶつけた。

有意義な時間はアッという間に過ぎ、団体の「共通点」と「違う部分」が明確になった。

DVとセクハラの大きな違い

女性問題という意味では同じなのだが、「セクハラ」と「レイプ」では緊急度が全然違う可能性がある。
レイプやDVは死の危険がある。だから、シェルターというのは、本当に守るために隔離するのだが、じょむのサービスのデイケアは日中だけだ。夜は家に帰るのだ。
そういう違いは全然分かってなかった。

団体のスタンスの違い

もう1つ違うのは、スタンスだ。

大薮順子さんは、レイプ被害者であるが、それは公にして情報発信している。

しかし、じょむでは被害者目線の情報発信は難しそう。
ウェブで情報発信する際に、スタンスの違いは大きい。
情報発信の話をするときに、ネガティブな話ばかり出てくると、ウェブサイトはいらないと思ってしまう。何かすると、ポジティブな要因とネガティブな要因が絶対あるのだ。

じょむでどこまで情報発信できるかは1つの挑戦になるだろうな。

それにしても、会社を辞めても、こうしたカタチで人と繋がれるのはとても楽しい。

お店を出るときに、彼から借りていた大薮順子さんのSTANDという本を返した。

STAND―立ち上がる選択

すぐに読み終わった。大薮順子さんの実話だ。
面白いというと失礼だと思うが、興味深い内容だった。

コメントする

プロボノとは?
弁護士など法律に携わる職業の人々が無報酬で行う、ボランティアの法律家活動。 法律家から広がって、最近ではビジネスパーソンや専門家がスキルを生かして社会貢献することと定義されている。
このブログについて
労働問題・セクハラ問題に取り組むNPO団体(じょむ)をサポートするプロボノプロジェクトの PMブログ サポートハウスじょむ
写真
  • プロボノ打ち上げパート2
  • world food restaurant 渋谷
  • プロボノ打ち上げ
  • メインビジュアル案
  • デザインワイヤー
  • サポートハウスじょむ デザインラフ
  • サポートハウスじょむ デザイン案2
  • サポートハウスじょむ デザイン案1
  • サポートハウスじょむのサイト
RSS購読
  • feedburner