情報交換

ブロガーのイケダハヤトさんにプロボノのソーシャル事例を聞く

サイトを複数運用しているので、僕はTwitterアカウントを3つ運用している。
やってみて思ったのは、個人に紐づかない公式Twitterアカウントっていらないんじゃないかということ。

公式Twitterアカウントって難しい

体裁を気にする大きい会社はいろいろな事情があるので、難しいのも分かるけど、本来のウェブらしさとかTwitterらしさで考えると、発信者は個人であるべきだと僕は思う。

まあ、複数のアカウントをうまく使いこなす人もいるだろうし、匿名性を担保したい人もいるのも分かる。
多重人格(悪い意味じゃないですよ。)の人は人格ごとアカウントあったほうがいいだろうし、人それぞれだろうけど。

ただ、僕は複数使うのは面倒だし、間違えるし、イヤなのだ。(間違えるのです。)

そういう気持ちが大きくなってたときに、googleで

twitter 公式 不要

で検索して出てきたサイトを見てると、僕と似たような意見があったので、ふむふむと思って読んでいた。

プロフィールを見てみると、なんと!同じオフィスの同じにフロアにいる人だった。
彼の名前はイケダヤハトさん。彼もプロボノをやってるとブログに書かれていたので、早速メールしてみた。すごい偶然!

そして、数日後に会社前の早朝に会うことになった。

イケダハヤトさんが取り組むエイズ問題

プロボノ経験者のイケダハヤトさんはソーシャルメディアの業界では有名だ。
プロボノも以前からやっていて、サービスグラント経由ではなく、直接支援してる。

聞きたいことがたくさんあるので、いつものように根掘り葉掘り質問した。

彼は、AIDS問題に取り組むNPOに対して、マーケッターとしてコミットしていた。

エイズ孤児支援NGO・PLAS [ プラス ]

エイズ孤児支援NGO・PLAS [ プラス ]

僕よりずっと若いのだが、しっかりした考えと行動に感心しっぱなしだった。

そのとき、Twitterの事例をいくつか教えてもらったが、非常に参考になった。
彼のブログはこちら ソーシャルウェブが拓く未来

やっぱ、Twitterは使ってみたい。運用できるか分からないけど、提案してみよう。
ネットで問題を解決するとはこういうことだ。ダメかもしれないけど、失敗してもリスクもあまりない。社会問題はまず認知されないといけない。
今回、僕がこのプロジェクトに参加するまで、女性問題を知らなかったように、そもそも知らないのだ。

問題は僕のセクハラプロジェクトがどこまで情報公開できるか。
口コミのネガティブな面を受け入れたうえで、ポジティブな面を検討できるかだ。


コメントする

プロボノとは?
弁護士など法律に携わる職業の人々が無報酬で行う、ボランティアの法律家活動。 法律家から広がって、最近ではビジネスパーソンや専門家がスキルを生かして社会貢献することと定義されている。
このブログについて
労働問題・セクハラ問題に取り組むNPO団体(じょむ)をサポートするプロボノプロジェクトの PMブログ サポートハウスじょむ
写真
  • プロボノ打ち上げパート2
  • world food restaurant 渋谷
  • プロボノ打ち上げ
  • メインビジュアル案
  • デザインワイヤー
  • サポートハウスじょむ デザインラフ
  • サポートハウスじょむ デザイン案2
  • サポートハウスじょむ デザイン案1
  • サポートハウスじょむのサイト
RSS購読
  • feedburner