プロボノ

新しいボランティアの形。サービスグラントのプロボノメンバーで顔合わせ

メンバーとの顔合わせ。週5時間の稼動で半年ぐらいかけてサイトリニューアルするらしい。
サービスグラントの入谷さんよりプロジェクトの概要を説明していただく。

また、プロジェクトの進め方のガイドラインもいただいた。

サービスグラント公式ブログは以下
http://blog.canpan.info/svgt/archive/246

プロボノプレキックオフ

ファミレスへ移動

公式の会議が終わったあとは、ファミレスに移動してみんなと話した。
みんなのモチベーションが知りたかった。みんながボランティアスピリッツがすごかったら、どうしようと思っていたのだが、心配はいらなかった。

それぞれの参加理由が理解できた。

メンバーの第一印象

第一印象は以下

プログラマ西本さん

なんか貫禄がある。経験者って感じ。実際はプロボノは始めてみたいだけど、いろいろな活動をしてるみたい。実は去年のWebSigエコピで同じテーブルだったので、僕は覚えてた。そのときは、会社に所属してたけど、今は独立してた。

マーケッター下村さん

ニコニコしてて、温厚そう。彼は企業人事で働いている。ウェブ構築はしたことないので、知らないことだらけということ。せっかくなので、ブログでも始めてみたらどうですか。と提案してみた。

実は、彼はもうすぐ転職して会社が変わるそうです。新しい会社に入ると最初は大変そう。プロボノは申し込み時とプロジェクト開始時にタイムラグがあるのでこういうことが起きる。

マーケッター千葉さん

仕事できそう。怒られそう。しっかりしてそう。後で知ったが彼女はライターだった。
会社外の人と仕事して、自分がどれぐらいできるか試したいとのこと。よく分かります。

マーケッター三池さん

小さい人。おとなしそう。
企業ではほぼ1人で仕事を回していて、グループでの仕事を経験してみたいとのこと。
なるほど。

体制面でのオーダー

今回のプロジェクトはデザイナーはNPO側で用意すると言われた。
ただ、そういう体制の場合は、うまくいかないことが多いので、スキルがミスマッチのときは、こちら側にデザイナーをつけていただくことを要求した。

もちろん、会ってみてすごいよかったらNPOさんのほうにお願いする。
でも会うまで決めないのだ。

さあ、これからどうなるのでしょうか。楽しみ。

コメントする

プロボノとは?
弁護士など法律に携わる職業の人々が無報酬で行う、ボランティアの法律家活動。 法律家から広がって、最近ではビジネスパーソンや専門家がスキルを生かして社会貢献することと定義されている。
このブログについて
労働問題・セクハラ問題に取り組むNPO団体(じょむ)をサポートするプロボノプロジェクトの PMブログ サポートハウスじょむ
写真
  • プロボノ打ち上げパート2
  • world food restaurant 渋谷
  • プロボノ打ち上げ
  • メインビジュアル案
  • デザインワイヤー
  • サポートハウスじょむ デザインラフ
  • サポートハウスじょむ デザイン案2
  • サポートハウスじょむ デザイン案1
  • サポートハウスじょむのサイト
RSS購読
  • feedburner