プロボノ

高山直子さん、セクハラ問題、女性問題に対して情報収集したことを共有

セクハラ問題に対して情報収集したことをメーリングリストで共有した。
カウンセラー高山直子さんの本や、レイプ問題に取り組む大藪順子さんの本は今まで読んだことのないタイプの本だったので、女性問題を考えるいい機会になった。

以下が、メールで共有した内容。

ヒアリング

まわりにセクハラ経験と被害者にとって必要なものは何かとヒアリングしました。

数人が返事をくれて、
被害にあったときに、相談できる場所が欲しいという意見は一致してました。

具体的な内容は口頭でお伝えします。

高山直子さんの本

働く人のための「読む」カウンセリング ピープル・スキルを磨く

コミュニケーションの本でした。相手を怒らせない話し方とかです。
僕は人に気を使ってしゃべるタイプではないので、ダメ出しされそうだと思いました・・・。

また、「燃え尽きない働き方」というセクションがあり、
講演も多数しており、お話を聞いてみたいです。
できれば、高山さんのブログは作ったほうがいいでしょう。

他の団体とのコンタクト

大藪順子さん。レイプ問題に取り組む団体。
スタンスが全然違うけど、今週金曜日にウェブサイトの支援をしている人に話を聞く予定です。
レイプの実体験をもとに描かれた実話の本も読みました。STANDという本。

男性として他人事だったので、リアルでした。

STAND―立ち上がる選択

被害者が被害前よりも幸せになるために、写真つきで被害者の情報を
公開してるので、こういうスタンスの団体のほうがサイトは作りやすい、と思いました。

事例として説明するかは未定

同業者へのコンタクト

東京都が認定してるNPO法人は6571団体

http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/index4files/npoichiran.htm

その中で、セクハラをキーワードに引っかかったのは2件。

「サポートハウスじょむ」と、「特定非営利活動法人ヒューマンサポートネット

ヒューマンサポートネットは、セクハラだけでなく、もっと広い範囲で活動してる。
だから、手を組んだらいいんじゃないかなと思った。
問題なければ提案はしてみようと思う。

政治との連携

被害者はトラウマがある、だから、情報公開したくない。でも支援してほしい。というのが実態だと思います。

できるか分からないけど、ある程度ガイドラインを設けるとしたら政治なので、
政治家卵で同じスタンスの人がいないか探してみました。

で、大前健一の一新塾に問い合わせしてみたけど、
こういう問題に取り組もうとしている政治家卵はいませんでした。残念。
そっけないメールが帰ってきました。

就業規則にセクハラについて記載することをマストとして、その実態を第3者機関として評価する。

セクハラブラックリスト企業サイト

とか作ったら面白いだろうな。と思うけど、絶対無理でしょうね・・・。

ウェブサイトの現状調査

少しだけやってます。これはキックオフ時に共有します。

コメントする

プロボノとは?
弁護士など法律に携わる職業の人々が無報酬で行う、ボランティアの法律家活動。 法律家から広がって、最近ではビジネスパーソンや専門家がスキルを生かして社会貢献することと定義されている。
このブログについて
労働問題・セクハラ問題に取り組むNPO団体(じょむ)をサポートするプロボノプロジェクトの PMブログ サポートハウスじょむ
写真
  • プロボノ打ち上げパート2
  • world food restaurant 渋谷
  • プロボノ打ち上げ
  • メインビジュアル案
  • デザインワイヤー
  • サポートハウスじょむ デザインラフ
  • サポートハウスじょむ デザイン案2
  • サポートハウスじょむ デザイン案1
  • サポートハウスじょむのサイト
RSS購読
  • feedburner