プロボノ

プロボノプロジェクトキックオフで現状の共有

いよいよ、じょむプロジェクトのキックオフだ。初めてお客さんに会う。
僕はだいたいどんなお客様でも大丈夫だが、たまにまったく噛みあわないケースがあるので、そうなったら降りようと思ってる。

そういや、昨日渋谷のウイメンズプラザってところに行ってみた。これは先日会った、昔の同僚が教えてくれたのです。女性問題とかの情報が集まってるというので、見に行ったけど、じょむの情報はなかった。

今日は午前中にフットサルをした後に、代々木駅に移動。みんなで待ち合わせして、じょむに向かった。今日は人数が多いし、初顔合わせなので、自己紹介で終わってしまうかもしれないけど、簡単なレジメだけ事前にメールした。

会議のミッション

  1. お互いの体制を知ること
  2. ビジネス、サイトの現状を知ること

レジメ

顔合わせ、自己紹介(30分)

担当:みんな(1人2分ぐらいかな)

質疑応答(50分)

担当:千葉→下村→三池→西本→中谷
の順で質問します。(1人10分ぐらい)

自己紹介も兼ねているので、みんなで質問してください。

僕の番になったときに、もう聞くことがない状態が理想

サイト分析の報告(15分)

担当:中谷

スケジュール(10分)

担当:中谷

01) ヒアリング日程決める
02) 講義・イベントアポ
03) 会議の定例化
(例)第1、第3土曜とか

こまごま決めること(10分)

担当:中谷

コミュニケーションルールとか
他にもなんかあれば。

キックオフの印象

プロボノプロジェクトキックオフ 説明する担当者

みんないい人たちで、拒絶はされなかったので、続けられそう。笑
じょむの担当は二木さんという女性。
カウンセラーの高山さんは本で読んだとおりの人だった。

プロボノプロジェクトキックオフの様子

話は盛り上がって、3時間近くかかりました。

ウェブサイトの現状のアクセス状況

プロジェクト開始直後に仕込んだGoogle Analyticsとジオシティの管理画面から現状のウェブサイトのアクセス状況を簡単に報告しました。
サイトのPVや流入元、それとキーワードなどの基本的なことをお伝えしただけで感動してくれるのは正直楽です。

セクハラキーワード

今は1日数人しかサイトを見てません。フレームだし、キーワードも考えられてないので当然です。リニューアルすれば、今よりは確実によくなりますが、どこをゴールにするかはこれから考えていきます。

じょむの強み

今日、話を聞くまで、よく分かってなかったけど、じょむのようなカウンセリングサービスはいろんな業種がやっている。営利企業、行政、弁護士、NPOなど。それぞれのスタンスの違いはなんとなく分かった。

そんな中で、じょむは、セクハラ問題だけに取り組んでいるわけではなく、労働問題とハラスメント(嫌がらせ、いじめ)のカウンセリングをしている。女性は労働条件が不利な場合が多く、女性に特化しているのです。だから、社労士とカウンセラーの両方のスキルを持っている。この両方を持っているのが強みだ。

ちなみに、この日のサービスグラント公式ブログにレポートがあります。
http://blog.canpan.info/svgt/archive/266


コメントする

プロボノとは?
弁護士など法律に携わる職業の人々が無報酬で行う、ボランティアの法律家活動。 法律家から広がって、最近ではビジネスパーソンや専門家がスキルを生かして社会貢献することと定義されている。
このブログについて
労働問題・セクハラ問題に取り組むNPO団体(じょむ)をサポートするプロボノプロジェクトの PMブログ サポートハウスじょむ
写真
  • プロボノ打ち上げパート2
  • world food restaurant 渋谷
  • プロボノ打ち上げ
  • メインビジュアル案
  • デザインワイヤー
  • サポートハウスじょむ デザインラフ
  • サポートハウスじょむ デザイン案2
  • サポートハウスじょむ デザイン案1
  • サポートハウスじょむのサイト
RSS購読
  • feedburner