プロボノ

プロボノPMの難しさ。飲み会が重要

プロジェクトの進捗をブログに書くことは賛否両論あるのは理解しつつ、やっぱり書くことにする。情報発信のデメリットに目を向ければ、ウェブのメリットもスポイルしてしまう。
これが僕のスタンスだから。具体的に指摘されたら止めよう。

そういえば、10月の中間報告の様子がサービスグラントのブログにも掲載されていた。やっぱり、他のプロジェクトとはちょっと違う進め方のようですが、みんな満足なので問題なし!

そして、本日は、ライターの千葉さんが主催してくれたプロボノプロジェクトメンバーの飲み会。

中間報告が終わったあと、今は制作フェーズ。デザイン案の制作中なので、その進捗確認も兼ねている。ライターの千葉さんは完璧主義なので、原稿は完全にお任せしている。

しかし、残念ながら千葉さんは欠席。今まで全員集まったことがない・・・。

プロボノPMの難しさ

プロボノの難しさは集合なのです。なかなか集まって話す機会がない。やっぱメールベースだと温度感が伝わらない。

今はデザインフェーズなので、デザイナーの橋本さんに状況を確認して、進め方をすり合わせた。どうやら橋本さんは納期が近づかないと頑張れないタイプらしい。
僕も同じなので、すごいよく分かる。デザインは催促しつつ、我慢して待つことしよう。

それにしても、久しぶりに集まった。
ここ最近は僕がほとんどコミットできてなかったので、正直申し訳ない気持ち。
理由を知ってる人もいるから、なおさら申し訳ない気持ち。

プロボノの難しさには期間が長いこともある。
半年もやってると、その間にみんなの状況が変わるのです。

これは多分どのプロジェクトも通る道

プロボノPMがすべきこと

それは飲み会です。もうマストにするべきです。
少ない時間でプロジェクトするので、メンバーの人となりを知る機会が少ない。
だから、キックオフ時も中間提案の時もポイントポイントでは飲み会をマストで開催したほうが絶対いい。

コメントする

プロボノとは?
弁護士など法律に携わる職業の人々が無報酬で行う、ボランティアの法律家活動。 法律家から広がって、最近ではビジネスパーソンや専門家がスキルを生かして社会貢献することと定義されている。
このブログについて
労働問題・セクハラ問題に取り組むNPO団体(じょむ)をサポートするプロボノプロジェクトの PMブログ サポートハウスじょむ
写真
  • プロボノ打ち上げパート2
  • world food restaurant 渋谷
  • プロボノ打ち上げ
  • メインビジュアル案
  • デザインワイヤー
  • サポートハウスじょむ デザインラフ
  • サポートハウスじょむ デザイン案2
  • サポートハウスじょむ デザイン案1
  • サポートハウスじょむのサイト
RSS購読
  • feedburner