プロボノ

「怒りを理解し、対処する」自己尊重トレーニングのファシリテーター養成講座に参加

中間報告で燃え尽きた感じでしたが、自己尊重トレーニングのファシリテーター養成講座の最終回に参加しました。

3回目の今回のテーマは「怒りを理解し、対処する」です。
1ヶ月前にあった2回目はお休みしてしまったので、久々の参加です。

気づけば、中間報告からもう1ヶ月半ぐらい経ってます。

早いものです。

今回は、「怒り」という感情をコントロールするのではなく、「怒り」の後の行動をいかにコントロールするかを学びます。喜怒哀楽の1つの「怒り」の感情が生まれることは自然なことという考え方です。

ファシリテータ養成講座の流れ

ファシリテーター養成講座の様子

ファシリテータ講座は、朝10時から17時までで、3部構成になっています。

第1部では、高山さんをファシリテーターとして、実際この講座を受けて体験します。
第2部では、ファシリテーターとして注意するポイントが講座形式で解説されます。
そして、最後の第3部では、受講者が実際ファシリテーターとして実践してみます。

それぞれが2時間ぐらいです。

ワークショップでは、自分の怒りのパターンを分析します。
僕は感情について論理的に考えたことはなかったので、発見だらけでした。
僕は、一回カチンとくると、しばらく止められません。寝ると忘れるので、そういう時は寝ます。
ここでは、その怒りの元凶は何だったのか、パターンはないのか、怒りの前兆にサインはなかったのかグループワークで考えさせられます。

右のコメカミがプチンと来る人や、動悸が激しくなる人などいろんな意見が出ました。

僕の怒りのパターンは2種類あって、1つは、「自分が攻撃されたとき。」もう1つは、「どんなに言っても伝わらないとき」、というのが書き出すことで分かりました。

怒りを生む感情は、人それぞれだけど、僕の場合は「悲しさ」「悔しさ」「寂しさ」「もどかしさ」などです。そういう感情を事前にキャッチして、自分がハッピーになるような行動をしよう、というのがこのワークショップの趣旨です。

怒った後の、自分の行動を箇条書きに書き出して、その後、それがハッピーに繋がるか、自己嫌悪に陥るかという観点で、2つに分けます。自己嫌悪に陥らない行動パターンを常に意識して、「怒り」の前兆を感じたら、その行動を意識しようというわけです。

衝突を避ける会話の仕方や、いろいろなヒントを教えてもらえるので、人とのコミュニケーションに役立つ情報がたくさんあります。じょむの講座が人気なのは誰もが日常に役立てられると感じるからでしょう。

結論だけを伝えてはダメ

すごく腑に落ちたことがたくさんありました。

人はどんなに正しいことを言われても、本人が納得しないと納得しない。

ある人に言われても納得いかないけど、別の人に同じことを言われたら納得できた経験って誰にでもあるんじゃないでしょうか。

それは、発言する人によって違うと今まで考えてましたが、他にも理由があったようです。

物事の理解プロセスは人それぞれです。結論がどんなに正しくても結論だけでは響かない人がいます。その人の理解プロセスに合わせて、結論まで持っていかないとスッと頭に入らない。

勉強しない子供がいたとします。本人もそれは自覚してて、ダメだなあと思っていても、

親に頭ごなしに、勉強しろ!と言われれば、反発してケンカになるかもしれません。
勉強したほうがいいよという言い方でも多分伝わらない。
(もちろんうまくいく場合もあると思いますが・・・。)

これは内容は正しくても、結論だけを言ってるからです。

カウンセラーはいつでもヒアリングから入ります。
なぜ勉強しないのか、本人がどう考えているのか聞き出します。
そして、本人が勉強しようという「行動」を引き出します。
自分の結論を言わないんですね。

カウンセラーの高山さんはそれをNon-Judgmentalと言います。

こういうコミュニケーションの仕方が出来ると楽だと思います。
とくに僕はそう思います。全然できないから。
できる必要があるのかどうかは分からないけど、できたほうが衝突は減らせるでしょうね。

僕はすぐに自分の意見や結論を言うタイプで、えっ、なんで分からんの?と考えてしまいます。
これでも昔に比べると大分マシにはなりましたが。。

じょむの講座に参加すると、コミュニケーションについてすごく考えさせられます。
自分がそんな繊細なコミュニケーションをするようになるのか分からないけど、全然見えてないことを具体的に解説してくれるのはタメになります。

人は結論だけ提示されると、カチンときて反発しますが、人には結論だけ言いがちです。
これは参加者みんなが、なるほど。という反応していたことからも感じ取れました。

価値観が同じ人は、そういうコミュニケーションでも成り立つのでしょうが、
世の中は自分とは全く違う考え方の人もいます。
そういう違う人にも、丁寧なコミュニケーションができれば衝突は減るのかもしれません。

腑に落ちるプロセスにはステップが必要

この話を聞いてるときに、AIDMAも同じだなと思いました。
AIDMAは広告でよく使われる消費者の購買プロセスです。
ウェブ以降はAISASと呼ばれ、コンバージョンが測定できるActionやShareばかりがクローズアップされがちですが、その前段階もしっかり構築しないとダメです。Action時のトラフィックだけ集めてもいい関係は築けない。必要なステップは何かをいつも意識したほうがいいですね。

なんかいろいろなことを考えさせられるセミナーでした。

この講座では、今回のような講座を自分で開催できることを目的としています。
ちなみに、第2回は「ストレスを理解する」というテーマでこちらも大人気です!

人をエンパワーするという表現の仕方をするのですが、自分も周りもエンパワーできればそれは素晴らしいことです。

じょむの「自己尊重トレーニング」ファシリテーター養成講座の詳細はこちら

コメントする

プロボノとは?
弁護士など法律に携わる職業の人々が無報酬で行う、ボランティアの法律家活動。 法律家から広がって、最近ではビジネスパーソンや専門家がスキルを生かして社会貢献することと定義されている。
このブログについて
労働問題・セクハラ問題に取り組むNPO団体(じょむ)をサポートするプロボノプロジェクトの PMブログ サポートハウスじょむ
写真
  • プロボノ打ち上げパート2
  • world food restaurant 渋谷
  • プロボノ打ち上げ
  • メインビジュアル案
  • デザインワイヤー
  • サポートハウスじょむ デザインラフ
  • サポートハウスじょむ デザイン案2
  • サポートハウスじょむ デザイン案1
  • サポートハウスじょむのサイト
RSS購読
  • feedburner