プロボノ

ウェブサイトのデザインが難航。サイトターゲットがズレる。

今年から新しいデザイナーさんで制作しているウェブサイトのデザインが難航してます・・・。

前デザイナーはじょむさんの講座も受けていたし、
直接コミュニケーションもしてたので、お客さんの温度は分かっていた。

彼女は去年にデザイン案を作ってくれてて、
それを、内部でフィードバックしたところで、続けられなくなったんです。

だから、そのデザイン案は、お客様に提出してませんでした。

今回、新しいデザイナーにバトンタッチすることになったときに、
前デザイナーの成果物を元に続ける方法もあったけど、
それだとデザイナーがモチベーションが上がらないと思って、一からデザインしてもらうことにした。

サイトのターゲットは、講座利用者の女性で、未来のじょむ支援者となる方たち

ワイヤーフレームを用意して、参考サイトを伝えて、今までのやりとりを共有して、2011年からデザイン作業を開始してもらった。

そしたら、いいデザインが出来たんです!

サポートハウスじょむ デザインラフ

嬉しくなって、メンバーに共有したら、全員からオーケー。

これで終わりが近づいたぜ、と思ってお客様に提出した。

のだが・・・、

予想以上にフィードバックがきた。

やはり、現状のサイトがいいような様子。
僕は現在のサイトデザインが完璧だとは思っていないので、尊重するつもりはなかったし、デザイナーにもそう伝えていた。

サイトターゲットは女性の講座利用者。

それには、現在のサイトは幼すぎる。
だって、関係者や講座受講者はインテリジェンスな人が多いんだから。

確かに僕らは、本当に深刻な人には会っていない。
でも、サイトのターゲットは将来の支援者となる方々なんです。

現状のユーザーとこれからサイトに来てほしい人の属性は違う。
この部分の意識がなかなかメールでは伝わらない。

前デザイナーのカラーのほうがよかったというようにメールには書かれていたが、前デザイナーはワイヤーしか提出していない。じょむさんのデザインのツボが分からなくなってしまった。

デザインワイヤー

前に見てもらったのはこれですもの。

だから、会って話すことにした。

よくある話だと自分に言い聞かせながら、訪問日の調整をする。

コメントする

プロボノとは?
弁護士など法律に携わる職業の人々が無報酬で行う、ボランティアの法律家活動。 法律家から広がって、最近ではビジネスパーソンや専門家がスキルを生かして社会貢献することと定義されている。
このブログについて
労働問題・セクハラ問題に取り組むNPO団体(じょむ)をサポートするプロボノプロジェクトの PMブログ サポートハウスじょむ
写真
  • プロボノ打ち上げパート2
  • world food restaurant 渋谷
  • プロボノ打ち上げ
  • メインビジュアル案
  • デザインワイヤー
  • サポートハウスじょむ デザインラフ
  • サポートハウスじょむ デザイン案2
  • サポートハウスじょむ デザイン案1
  • サポートハウスじょむのサイト
RSS購読
  • feedburner