プロボノ

デザインにOKが出た!感動しました、という返信に感動!

先日の打ち合わせ以後、デザイナーHさんとこまごま情報交換しながらプロボノのサイトデザインを進めていた。もう最近は完全に2人でやっていて、他のメンバーには途中経過を共有していない。
とにかく、できるだけ早く進めることを優先している。

お客さんもこっちのメンバーも稼動時間が限られている。
この人は平日夜しかダメ、この人は休日のほうがいい。人それぞれなのだ。

だから、みんなに意見を求めていると全然進まない。

数日ずれると全体が平気で1週間ずれたりするわけだ。

デザインを決めるために、必要最低限の人の予定だけを抑えながら、
みんなの予定をパズルのように合わせて、最短はどこか考えて調整した。

デザイナーさんからいいデザインが来た!

先週末にデザイナーHさんからデザインがあがってきた。
それがすごいよかった。

先日のじょむさんの要望にちゃんと応えられていて、
これなら、絶対OKだと思った。

でも、ここは慎重に進めたい!

少し要素が抜けていたところがあったので、こまごまメールで確認して、微調整してもらった。

お客様の確認方法だが、メールで投げて返事を待つのは精神的にしんどい。
だから、じょむさんに電話して、担当者のお2人がいつ時間が取れて、いつまでに返事を貰えるか事前に確認した。
2人がバラバラで見て確認してもらうよりも、集まって一緒に見てもらえる日に提出したかった。

そして、それに合わせて、デザイン案を送った。

デザイン案は2つ

1つはメインビジュアルに写真を使用したもの。写真は先日じょむさんから送られてきた写真を利用した。木漏れ日パターン

サポートハウスじょむ デザイン案1

もう1つはメインビジュアルがイラストバージョンのもの。これも先日じょむさんにもらったイラストのイメージを再現したもの。

サポートハウスじょむ デザイン案2

このタイミングで2案作るのはデザイナーには負荷が大きかったが、頑張ってくれた。
ほんとに感謝!

そして、デザインを送付してじっと返事を待ちました。
ただ、ひたすらいい返事を祈りながら。

予想以上によい返事がきた!

そしたら、予想していたよりも早く返事が帰ってきた。

非常に気に入ってくれたようで、感謝のメールが届いた。

やった!

デザインありがとうございました! とてもとても良いですね。 感動しました。

丁寧なメールだった。

仕事中なので、電話に出れなかったが、電話もかかってきていた。
後ほど、電話をかけなおしたら、本当に喜んでくれていた。

ああ、よかった。

これで1歩前進した。

だけど、ホッとしてる暇はない。この勢いで次に進めないといけない!

残作業を整理しながら、どうしたら一番スマートに進むか考えた。
プログラマが今は本業が少し落ち着いているということだったので、少しでも早くプログラマに作業を渡したい。

だから、トップページだけ先にコーディングして、プログラマに渡そうと思った。プログラマがWordpressに組み込んでいる間に、デザイナーは下層ページのデザインをする。

そうすれば、デザインとシステムが平行して進められる。

そんな相談をしていたら、プログラマからメールが来て、コーディングを巻き取りましょうか。とのこと。

2人に確認して、コーディングの担当を変更した。

止まっていたものが動き出した様子。

コメントする

プロボノとは?
弁護士など法律に携わる職業の人々が無報酬で行う、ボランティアの法律家活動。 法律家から広がって、最近ではビジネスパーソンや専門家がスキルを生かして社会貢献することと定義されている。
このブログについて
労働問題・セクハラ問題に取り組むNPO団体(じょむ)をサポートするプロボノプロジェクトの PMブログ サポートハウスじょむ
写真
  • プロボノ打ち上げパート2
  • world food restaurant 渋谷
  • プロボノ打ち上げ
  • メインビジュアル案
  • デザインワイヤー
  • サポートハウスじょむ デザインラフ
  • サポートハウスじょむ デザイン案2
  • サポートハウスじょむ デザイン案1
  • サポートハウスじょむのサイト
RSS購読
  • feedburner